2018年4月15日日曜日

『わたしについて来なさい』



 本日の礼拝は、『わたしについて来なさい』というタイトルで高尾牧師より
メッセージを取り次いでいただきました。マルコの福音書1章14~20節。

 イエス様はガリラヤから宣教を始められました。「時が満ち神の国は近くなった。
悔い改めて福音を信じなさい。」2000年前、神が人となり、この地に来て具体的な
愛を示してくださったことによって、神様が私たちのそばで働いてくださっている
ことを知ることができます。しかし、サタンはそれを見ないように仕向けます。

 イエス様が来て下さったことで神の国は近くなりましたが、神の国の中にいるの
ではありません。神の国に入るには、悔い改めて信じること、神に背を向けた歩み
から、神の方に向きをかえ神と共に歩むのです。

 イエス様は宣教を開始して、まず弟子を選ばれました。シモンとアンデレ。
彼らに「私についてきなさい」と言われました。悔い改めて、福音を信じなさいと
言われる主は「来なさい。私の後に従いなさい」と言われます。イエス様を信じる
ことと従うこととは同じです。

 イエス様は弟子たちを彼らの日常の中で招かれました。イエス様は私たちにも、
私たちの日常の中で、私についてきなさいと言われます。裁くとき、「さばいては
いけません」、赦せないとき「赦しなさい」等と言われます。


 ペテロもアンデレも主の招きにすぐに従いました。彼らはイエス様を知っていた
けれど、従うものへと一歩踏みだしたのです。彼らは網を置いていきました。自分
のよりどころとしていたもの、価値観を捨てたのです。そんな彼らにイエスさまは
「人間をとる漁師にしてあげよう」と言われました。人を救う働きに用いようと
言われ、彼らを用いられました。

 私たちも主の声に従っていきましょう。イエスさまがこの地に来てくださった
ことに感謝し、招きに従い、悔い改めていくことが出来ますように。



























2018年4月8日日曜日

『自分の心からの解放』



 本日の礼拝は、『自分の心からの解放』というタイトルで高尾牧師より
メッセージを取り次いでいただきました。マタイの福音書5章38節~42節。






 本日から、東京基督教大学の中山神学生が1年間ご奉仕くださいます。
良い交わりと学びの時となりますように。








62日(土)はCSこどもフェスタざます(^^)v







2018年4月1日日曜日

イースターフェスティバル



 イースターフェスティバル(^_-)-☆ゲームにメッセージにたまご探し。
みんなでたくさん楽しみました!フルーツポンチ、美味しかったね!





 司会はMana先生(^^)v今年度からの助手はEmiriちゃん!?
















こーや君、大当たり♪











『エマオの途上の弟子たち』



 本日の礼拝は、『エマオの途上の弟子たち』というタイトルで高尾牧師より
メッセージを取り次いでいただきました。新約聖書ルカの福音書24:13-35節。






聖歌隊の皆様による特別賛美です♪









洗礼式が執り行われました。


進級式もありましたよ(^^)v